カービューティーサロンリボーン本店

Service Menuウィンドウコーティング、アルミホイールコーティング


雨粒がビーズのように流れるウィンドウコーティング、
ブレーキダストからの汚れを防ぐアルミホイールコーティング

ウィンドウコーティング
窓ガラスは埃や油分、酸性雨などにより汚れがつきます。 これらが焼き付くとウォータースポットといううろこ状の汚れになり、拭いても取れない状態になります。また、ウインドウガラスが劣化すると撥水力が低下し、雨水がにじむようになり、視界が悪くなります。 それを防ぐためには、ウィンドウ撥水コーティングが効果的です。 きれいに水を弾いてくれるようになり、視界を確保することができます。ウインドウ撥水コーティングは、市販の撥水剤を塗るだけでは意味がありません。 ガラスに付着した油膜が取れないのですぐにもとに戻ってしまうのです。 大切なのはしっかりとガラスを磨いて、油膜を除去する下地処理です。まずは専用のコンパウンドやサンダを使ってガラス面の汚れと油膜を取り除きます。その上で、専用のフッ素樹脂やシリコン成分が入った溶剤を塗布します。下地処理をしっかりすることで、溶剤がムラなく塗ることができ定着も良くなります。
コーティングを施すことでクリアな視界が確保でき、ワイパーの拭き残しもなくなります。

アルミホイールコーティング
鉄粉、ブレーキダストの付着を軽減します。仮に付着した場合も水洗いで簡単に落とせますので、いつでも足回りを美しく保てます。

  

<< 前のページに戻る